三雲たかまさの3つの提言
提言1 安心して子供を産み、育てることができる街へ
提言2 地域のきずなを取り戻す
提言3 文化的多様性を新宿の強みに

三雲たかまさ プロフィール

1977年生まれ。旧姓は池添(三雲は母方の姓)

弁護士(第二東京弁護士会所属、第二東京弁護士会人権擁護委員)

新宿区西早稲田在住

家族は妻と子ども2人

東京大学法学部卒業後、司法修習を経て2004年10月弁護士登録。

日本の四大法律事務所の一つである「アンダーソン・毛利・友常法律事務所」に勤務し、M&A、金融取引、金融規制、会社法務やコンプライアンス等の分野で、国内外の銀行、証券会社及び大手企業に対して法的助言を行う一方、第二東京弁護士会の人権擁護委員会において人権擁護活動に取り組む。

2011年から2013年にかけて、英国スコットランド(エジンバラ大学ロースクール)に留学し、EU法及び英国を中心とする国際商業法を学ぶ。

帰国後、前衆議院議員・海江田万里の政策担当秘書を経て、高田馬場にて「三雲崇正法律事務所」を開設。現在は、刑務所の医療問題やヘイト・スピーチ問題等の人権擁護活動に取り組むとともに、地域の人々のための弁護士として活動中。